会社設立定款ガイドへようこそ!

会社設立定款ガイド

「個人事業を営んでいるが、社会的信用のことを考えて会社にしたい」とお考えの方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

いざとなると、やっぱり「会社」という肩書きはモノを言います。単純にカッコいいイメージもあります。

2006年の新会社法施行で、会社設立はそれまでと比べて格段に容易になりました。

株式会社にするには、それまでは資本金を1000万円用意しなければなりませんでしたが、その最低資本金制度も撤廃されたので、1円の資本金でも大丈夫。

「いつかは自分で会社をつくる!」という夢を実現するまたとないチャンスなのです。

会社設立には色々手続があってなかなか面倒ですが、税理士や司法書士などの専門家への依頼料金もかなり手頃になっている傾向なので、プロの力を借りるのもいいでしょう。

このサイトは、会社設立についてさまざまな視点からご紹介していきます。

お役に立ていただければ幸いです。


会社設立定款ガイドのよく読まれている記事ベスト5

定款の記載例はありますか?

必ず提出しなくてはいけない、会社設立の定款を自分で作成しようかと考えています。 専門家におまかせしようかとも思ったのですが、実際に自分で作成する場合、何か参考になる記載例などはあるのでしょうか。 ~・・・・・

外国人が日本でビジネスを展開するのはむずかしい?

外国人が日本でビジネスを展開するのはむずかしそうですね。 それでも、海外に拠点を置いて日本に支店を置くという企業はたくさんありますし、いずれ日本に本店を置いて事業をおこなう…なんていう事もできるので・・・・・

少ない資本金でも大丈夫でしょうか?

かつて最低資本金制度の時、会社の設立には、資金が必要だったはずですが、現在、新会社法が施行され、資本金が1円からでもできると聞きました。 そんなに少ない資本金ということは、会社設立後の労働の制限など・・・・・

「定款」とはどんなものですか?

会社設立に必要なたくさんの書類の中で、必ず必要であるといわれる「定款」とはどんなものですか? これがないと、公証人役場の認証が受けられないというのは聞いてきましたが、どんな事柄を定款に記載するのでし・・・・・

定款には具体的にどんな内容で記載すればいいですか?

現在定款を作っています。やはり自分で作るのは大変です。 ところで、この定款に「今後、会社がどのような事業を営むのか」について明確に記す…とあるのですが、具体的にどんな内容で記載しておけばいいのでしょ・・・・・

フィード